残る言葉

 

毎日たくさんの文字に接している中で

目に留まったり、耳に残る言葉は

今、無意識にでも考えている事に繋がっているのでしょうか?

 

「正解は無い。見苦しいことをしないでいるように。」

 

「嫌いな事は、自分が正しいと思い込む事。」

 

作家 塩野七生  

 


2020(R2)2・22

 

2がたくさんの今年の猫の日。

 

手が掛かったり、時には大きな問題にもなる動物ですが、

何より人間を癒してくれる存在です。

 

映像で観る動物に

私もどれだけ和まされているいる事か。

 

人間と動物、いつまでも

仲良しでいて欲しいと願っています。

 


2/14

 

 

Happy  Valentine !

 


感動

 

 

何かに感動をする、という感覚は

突然やってくる時もあれば

自分から求めにいく場合もあります。

 

そんな状況になったら

貪欲でありたいと思います。

 

感性の問題なのか、年齢なのか

「感動」は、いつの頃からか減ってきてしまうようですから。

 


長くいい関係

 

会社の面接官をする友人の話によると

20代の方達ははとても自己アピールが上手で驚くそうです。

 

今は子供の頃から、とにかく前へ前へと、

それが高く評価されています。

 

しかし、現実の社会や日常では

一歩引くことや聞き上手の人のほうが

長くいい関係が続きます。

 

主張や承認欲求が強い人は

本人も周囲も段々大変になってしまうはず。

 

これは、人生の後半戦になったら

大切になったり気がつくかもしれませんが。

 


知る事

 

阪神大震災から25年経ち

新聞やニュースでは様々な切り口で特集が組まれていました。

 

また、世界中で憂慮されているオーストラリアの山火事など

大惨事を目の前に、なすすべもない状況にある現実。

 

身の回りの幸せを感じつつも

広い世界の現実に目を向け、知る事が

大切だと思っています。


七草の節句

 

「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざすずな すずしろ

これぞななくさ」

 

店先に七草セットが売られているのを見ると

頭の中でぐるぐる。

 

ハロウィンからクリスマス、お正月、節分

と、前の行事が過ぎた翌日には

次の商品が直ぐ店頭に並び

驚かされます。

 

しかし、こんなスピーディーなお店のお陰で

年中行事を意識できているのかもしれません。


新年のご挨拶

 

あけまして おめでとうございます

 

2020年は充実した一年になるのでは と

めずらしく! 楽しみにしています

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします

 

令和2年 元旦

 

 


2019年の終わりに

 

2019年も無事に終わりました。

 

お世話になった方々、ありがとうございました。

そして、引き続き来年もよろしくお願い致します。

 

今年もたくさんの素晴らしい出会いがあった事を

少々驚きと共に感謝します。

 

自分の想像通りに年月が過ぎていくなんてありえません。

それでも自分の足で歩み

少なくとも年末には感謝して、一年を終えていこうと

思っています。

 

 


年の瀬

 

今年も残すところ3日というのに、

やろうと思っていた事が全然出来ていません。

それにも関わらず、諦めも焦りも無く

不思議な気分です。

 

何が正解なのか、また解決方法もない

そんな問題ばかりの中、

心を安定するのは「気の持ちよう」と

今年は考えていたので

例年追われている気分の年の瀬に

こんなノンキでいるのかもしれません。

 

年神様に呆れられると思いますが

新年はやり残しが多いままになりそうです。

 


| 1/130PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode